コラム・特集

KPI

KPIとは、Key Performance Indicatorの略語であり、日本語では「重要業績評価指標」です。プロジェクトなどの途中に到達していたい目標を具体的な数値として設定し、計測できるようにしたものです。

大きなプロジェクトは長期間に及び、関わる人員も多くなることが多いです。そのため、順調にプロジェクトが進んでいるかを把握しづらいため、以下のように進めることが一般的です。

  1. ゴール達成のための必須項行程を洗い出す
  2. それぞれの行程が順調に進んだかを判断するための値(KPI)を設定する
  3. それぞれの行程が終了した際に、KPIを達成できたか判定する
  4. 達成している場合は次の行程へ進む。達成していない場合はその原因を明らかにし、新たな施策を講じて改善を図る

たとえば、営業であれば最終的なゴールは「売上」ですが、「売上」達成までに必要な指標は「架電数」「訪問件数」「成約数」などであり、これらがKPIの候補になります。

Webマーケティングでもゴールは「売上」ですが、KPIとしては「メール開封率」「PV数」「CV率」「営業への送客数」などが候補になります。

KPIはあくまで数値上の目標であり、数値達成のための具体的な施策は考える必要があります。また、達成すべきはKGIであり、KPIを達成してもKGIにつながらないことがないよう、設定に注意する必要があります。

関連記事一覧

ものづくりオンラインセミナー

デジタルマーケティングセミナー 用語集ダウンロード

マーケティング総合大会

マーケティング分野プログラム

新しい能率研究所