コラム・特集

アーンドメディア

アーンドメディア(Earned Media)とは、ブログやSNSなど、顧客や消費者が情報の起点となるメディアのことを指します。商品やサービスの情報が、広告ではなく口コミとして伝搬していくことが特徴です。Earned = 信頼や評判を獲得する、から名前が付けられています。

有料のネット広告のことを「ペイドメディア」、自社ホームページのことを「オウンドメディア」と呼び、3つ合わせてトリプルメディアとも呼ばれます。

アーンドメディアのメリットは3つあります。

1.信頼度が高い

    アーンドメディアの最大の特徴は、自分にとって身近な人から情報が発信されることです。
    例えば、家族や友人、恋人やその友達などです。
    身近な存在から発信された情報は、テレビCMやネット広告から受け取る情報よりも信頼度が高く、素直に受け取られやすいです。
    そのため、いわゆる口コミによる情報拡散や、それを活用したマーケティングが重視されるようになってきました。

2.低コストで始められる

    ペイドメディアはもちろんお金がかかりますし、オウンドメディアもHP作成やサーバー管理にコストがかかります。一方、アーンドメディアは既存のサービスを用いればよいため、コストをかけずに始められます。

3.情報収集ができる

    アーンドメディアを通じて、自社商品のユーザーと親密なやり取りをおこなうことができます。これは、アーンドメディアが元々コミュニケーションツールとして発達してきたという歴史が背景にあります。
    ユーザーの率直な意見/評判を集めることができるため、情報入手手段としてもアーンドメディアは優れています。

一方デメリットは、情報の内容や質、量を企業側からコントロールすることが難しいことです。そのため、不祥事を起こしてしまうと、悪い評判が一気に広まり、炎上と呼ばれる現象が起こってしまいます。また、アーンドメディアは個人が手軽に情報発信することができるため、ネットリテラシーが低い人が発信する情報で炎上することもあります。アルバイトが載せた不適切な写真/動画による炎上は一時期問題になりました。

関連記事一覧

ものづくりオンラインセミナー

デジタルマーケティングセミナー 用語集ダウンロード

マーケティング総合大会

マーケティング分野プログラム

新しい能率研究所