コラム・特集

PV

PVとはページビューの略語です。Webページが閲覧された回数を示し、アクセス数の指標では基本的なものの一つです。

あるユーザーがホームページを訪問し、5ページを閲覧した後に離脱した場合、ページビューは5です。訪問ユーザー数と比較して、ページビュー数が同程度の場合、直帰率が高いと判断できます。そのため、ランディングページを見直す必要があります。

一方、ページビュー数が高い場合、うまく顧客の興味を引くことができているといえますが、顧客が目当てのページを探せない不親切なページになっている可能性もあります。その場合は、顧客の離脱ページやコンバージョン数を見て、不親切でないかを調べる必要があります。

似た用語として、「セッション」「ユニークユーザー」があります。それぞれの用語の違いを理解すると、データ解析時の考察の幅が広がりますので、ぜひ理解してください。下図のような閲覧状況であれば、セッション数は3、PV数は7、ユニークユーザー数は2、となります。

セッション数、PV数、ユニークユーザー数の例

関連記事一覧

ものづくりオンラインセミナー

デジタルマーケティングセミナー 用語集ダウンロード

マーケティング総合大会

マーケティング分野プログラム

新しい能率研究所