コラム・特集

クリック率

クリック率とは、対象となるリンクがどれだけクリックされているかを示す指標を指します。

本稿ではメールマガジンとWeb広告のクリック率について記載します。

・メールマガジン

    メールマガジンを発信する際、自社のホームページのリンクがはられます。そのリンクがどれだけクリックされているかを示したものがクリック率です。計算式としては、「クリック数/メール開封数」です。

    クリック率を高くするには、どの段階で読者が離脱しているかを調べる必要があります。メールマガジンには「メールが開封されるか否か(開封率)」→「リンクがクリックされるか否か(クリック率)」といった段階があります。
    そのため、クリック率を上げるには開封率も上げる必要があります。

    仮に開封率が低い場合は、メールの件名を改善したり、メール送信頻度や送信時間を変えるなどの改善が必要になります。開封率が高いのにクリック率が低い場合は、メールの中身やリンクの位置を変更する必要があります。

・Web広告のクリック率

    Web広告がどれだけクリックされたかを示す指標です。クリック率は「クリック数÷広告の表示回数(インプレッション数)」で算出されます。

Web広告は表示されただけでは大きな効果は期待できません。クリックして自社ホームページに来てもらうことが重要です。そのため、クリック率が低い場合は改善を行う必要があります。

改善点としては、

  • バナーのデザインや広告中の文章の変更
  • 広告の掲載順位
  • リスティングであればキーワードの見直し

などが考えられます。

関連記事一覧

ものづくりオンラインセミナー

デジタルマーケティングセミナー 用語集ダウンロード

マーケティング総合大会

マーケティング分野プログラム

新しい能率研究所