コラム・特集

回遊率

回遊率とは、ホームページがどれだけ閲覧されているかを表すための指標の一つです。一回の訪問でホームページを何ページ読んでもらえたのかを表しています。計算式は「ページビュー数/セッション数」です。

回遊率を見ることで、ユーザーが他のページに興味を持っているのか、そのページに向けて正しく誘導できているのかを判断することができます。

一般的には、自社のページを一枚見ただけでは、顧客はなかなか購買行動に移ってくれません。様々なページを読んでもらうことで、だんだんと自社の商品やサービスに興味を持ってもらえます。その結果、商品購入やカタログダウンロードといったコンバージョンへ結びつけることができます。ですので、回遊率が高いホームページほどコンバージョン率も高くなる傾向にあります。

回遊率を高めるためには、まずは直帰されないことが大切です。顧客の期待とページの内容が異なっていると、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。検索ページから来た顧客が何に期待しているのかを想像し、それに合わせたコンテンツを作ることで直帰率を減らすことができます。

また、ユーザーがページを読み終えた後、次に何に興味を持つかを考えることも大切です。その内容を持つコンテンツがまだない場合は作成する必要があります。すでにある場合は、そのページへ遷移できるように適切な場所にリンクを配置します。

ECサイトやブログサイトのページ下部によくある「この商品を購入したユーザーはこんな商品も見ています」「この記事を購読したユーザーはこんな記事も読んでいます」というリンクは、回遊率を高めるための施策の一つです。

関連記事一覧

ものづくりオンラインセミナー

デジタルマーケティングセミナー 用語集ダウンロード

マーケティング総合大会

マーケティング分野プログラム

新しい能率研究所