コラム・特集

コンバージョン

コンバージョンとは、Webマーケティングの目的のことを指します。サイトによってコンバージョンは異なります。ECサイトであれば商品の購入、キュレーションサイトであれば会員登録をコンバージョンとすることが多いです。日本語に訳すと「変換」です。冷やかし客や見込み客から今すぐ客や顧客へと購買意欲が変換することを意味します。

コンバージョンには、直接コンバージョンと間接コンバージョンの2種類があります。

・直接コンバージョン

    新規で訪問したユーザーが離脱することなくコンバージョンを行うと直接コンバージョンとなります。ECサイトなどで、Web広告や自然検索から流入したユーザーが直接コンバージョンを行うと、対費用効果がとても高くなります。

・間接コンバージョン

    一度離脱したユーザーが再訪問して、コンバージョンを行った場合、間接コンバージョンとなります。

インターネットユーザは、直接コンバージョンすることは多くありません。多くはサイト訪問後、 他サイトや比較サイト、検索エンジンで情報を調べたうえでコンバージョンすることが多いです。そのため、直接コンバージョンを狙うよりも、再訪問してもらうための施策を考えることが結果的にマーケティング結果が出やすくなります。

関連記事一覧

ものづくりオンラインセミナー

デジタルマーケティングセミナー 用語集ダウンロード

マーケティング総合大会

マーケティング分野プログラム

新しい能率研究所